2022年05月23日

“雷おこし”をいただきました


先日、仕事仲間の先輩から、ある相談が。

「(古〜い)照明器具の部品を入手できない?」

聞けば、ある物件で不点になってしまい、電子部品を全て交換する必要があるとのこと。
ネット等で探しても、見つからなかったそう。

ダメもとで、あるメーカーに勤める後輩に部品在庫があるかどうかを聞いたら、すんなり「ありますよー」 とのこと。
製造中止から少なくとも15年は経過しているだろうから、こちらが驚いちゃった。

その部品は、翌々日に先輩の事務所に到着。
ラッキーなことに、故障したものと全く同じだった。

なので、現場での交換もすんなりと終了。
無事、一件落着〜



数日後、荷物が届いた。
先輩からのお礼だ!

包みを開けてみると。。。

okoshi_01.jpg


シルバーの缶。

「古代って?」

okoshi_02.jpg


“おこし” でした。

早速いただくことに。

まずは、白砂糖のタイプを。

okoshi_03.jpg


んーん、サックサクの食感がいいね。

ピーナッツが香ばしい。


次に、黒砂糖のほうを。

okoshi_04.jpg


ちょっとコクがあるのかな。

こちらも美味しい〜


大心堂の雷おこし 『古代』

ありがとうございました。

posted by 代表 at 10:55| 食べ物・飲み物

2022年05月21日

幸福の木が開花


ドラセナ_開花_01.jpg


リビングにある幸福の木に花がついた。

この木は、今のマンションに越してきた時のお祝いでいただいたもので、約22年間も一緒にいる。

その間、花をつけたのは今回で3回目。

環境条件が良くなかったのか、元々そういうものなのか、どちらにせよ滅多に咲かない花みたい。

上の画像は、まだ “つぼみ” の状態。



数日後↓

ドラセナ_開花_02.jpg


白くて繊細、可憐な花だ。

開花と同時に 、甘く濃厚な香りが漂ってきた。

良い匂いなんだけど、私には強すぎる。

更に、透明でべたつく感じの蜜がにじみ出て、ぽたぽた落ちてくる。

徐々に花の重みで垂れ下がってきたので、カットしちゃった。

束の間だったけど、久しぶりの開花を楽しめました。

posted by 代表 at 09:59| 動物・植物

2022年05月19日

お寺での定期総会に出席_2022.5


先日、地元のお寺に行ってきた。


庫裏(くり)に入ると、玄関ホールで鯉のぼりと生け花がお出迎え。

ryougenji_2022.5_01.jpg



そして見上げると、ナミキデザインの “千手シャンデリア” が。

ryougenji_2022.5_02.jpg


iPhoneだけど、キレイな写真が撮れた。

薄暮の空色とのコラボがイイ感じ。



2階の奥に見えるのは、以前 (30年くらい前?) 特注で製作したブラケットライト。[私のデザインではないです]

ryougenji_2022.5_03.jpg


板金を加工して作られたものだけど、こういうシンプルな和風器具って今も昔も意外と無いんだ。


ryougenji_2022.5_04.jpg


ヤマギワのシール付。


そうそう、お寺の用事は 『檀信徒青年会定期総会』 への参加。
会員のほとんどは既に“青年”ではないんだけど、名称はそのまんま。 笑


定期総会が開催されたのは3年振り。
コロナ禍で、ここ2年のイベントはほとんどが中止になってしまった。
でも、今年こそは、やりたいな。
親善旅行も行きたいし。


総会の後は、食事会。
アクリル板で仕切られたテーブルがある部屋へ移動。
仕出し弁当をご用意いただく。


ryougenji_2022.5_05.jpg


アクリル板のせいで前の人の声が聞こえづらいけど、分かった顔でうなずきながらの食事会。

楽しいひと時でした〜
posted by 代表 at 10:06| 日記

2022年05月17日

さよなら 電動コーヒーミル


mirukko.jpg


毎日、愛用している電動コーヒーミル “みるっこ”

我が家に来てから、もう12〜3年は経っただろうか。

それが、今朝、使えなくなってしまった。


【その時の再現】
いつものように、豆を入れて、スイッチオン!
 ↓
「グィーーン」 と挽き始めたと思ったら…
 ↓
突然「ゴリゴリ」と不気味な音が。 嫌な予感...
 ↓
その後は小さく 「ウィーーン」 と音がするだけで、挽いてくれない。
 ↓
急いでスイッチを切る。
 ↓
しばらくしてから、再び電源を入れてみたけど、また「ウィーーン」とだけ。


“みるっこ” は、故障が少ないとは聞いていたが、こうなってしまっては仕方がない。
代わりのミルを探してみる。


ウチには棚に飾ってある手挽きのミルが4台あるんだけど、ホコリが。。。

仕事部屋にもあるのを思い出して、取り出してきた。


peugeot_mill_01.jpg


箱に入れておいたので、大きな汚れも無い。
軽くブラシで掃除してから使ってミル。

二人分なので、あっという間に挽けちゃう。

何だ、手挽きで問題ないじゃん。

…ってことで、しばらくは、これを使います。


peugeot_mill_02.jpg


peugeot_mill_03.jpg


プジョーのノスタルジー・黒。


peugeot_mill_04.jpg


我が家で唯一のフランス製。 (ワインは除く)

プジョー兄弟は、1810年に製粉工場をスタート。
その後は大工道具などの刃物を手掛け、1840年にコーヒーミルを作ったとのこと。
更に1882年に自転車を作り、現在の自動車生産につながっているそうです。
なんか凄いですね。


このミルは、ハンドルが軽いので、本体を強く押さえる必要がない。
他に持っているドイツ製は、回すのと押えるのに力が要るんだけど。
 
十数年振りに手挽きミルに戻って、ちょっとウキウキ。
明日の朝が楽しみ〜

posted by 代表 at 10:40| コーヒー・コーヒーグッズ

2022年05月15日

namiemiの絵手紙から、「優しい飼育員さん」/夢見ヶ崎動物公園


妻namiemiは、入院中の母上に宛てて毎日絵手紙を描いていました。
母上は動物が大好きなので、その内容は夢見ヶ崎動物公園のことが多くなります。
その母上が先月退院され、その時点で絵手紙を描くことはなくなりました。
よって、絵手紙の紹介は今回が最後となります。

ラストは、ある飼育員さんの話題を。

まずは、マーコール舎での様子から。


[画像をクリックすると鮮明な画像で見られます]
mr.s_2022.4.23_1.jpg


飼育員さんがマーコールに触れる様子はあまり見かけないんだけど、この飼育員さんは、側に寄ってきた子を撫でてあげていました。

マーコールはヤギの仲間。
ヤギは家畜ということもあってか、動物公園のタンゴ♂たちは人に触られるのを苦としていないというか、逆に嬉しそうに見えるんだけど、果たしてマーコールはどうなんだろう?


続いては、アルダブラゾウガメ・ナンバーファイブのエサやりの様子↓

mr.s_2022.4.23_2.jpg


ナンバーファイブと、ケヅメリクガメのナンバーツーのエサやりでは、葉物の野菜を団子状に丸め、直接、口に入れてあげていました。

ビックリ! こんなやり方、あるんだねー。

普段は地面と一体化してじっとしていることが多いカメだけど、この時ばかりは体を起こして食べます。
団子にすると口いっぱいに入るので、「むしゃむしゃ」と夢中で食べていました。


次は、シマウマとのこと↓

mr.s_2022.4.23_3.jpg


この飼育員さんはシマウマの世話もしています。
アース♂は常にこの飼育員さんを気にしているみたいで、前を通ると「じー−−」っと見つめています。

とべ動物園に行った時、ホッキョクグマ・ピース♀が、育ての親の飼育員さんが見えると顔を向けていたんだけど、そんな感じなのかな?
慕われているんだね。


更に、こんなことも。
今年2月に死んだアースの父親ビリーが鎮静剤でウトウトしていた時は、ビリーの頭を“膝枕”してあげている様子に愛情を感じました。


夢見ヶ崎動物公園へ散歩に行った時は動物たちだけでなく、飼育員さんの様子も見られます。
皆さん愛情たっぷりに動物たちと接していますが、この方からは優しさを特に感じるのです。

・・・と妻namiemiがつぶやいてました。

posted by 代表 at 11:50| 動物