2019年02月09日

束の間の雪


昨日、確定申告の作業が一段落して、今日は朝からPCに向かってデザイン図面を描いていた。
窓から入る光がやけに明るいと思ったら、雪が降っている。

前にある小学校の校庭は真っ白。
野球の練習をしていた少年たちは、もう帰ったみたいだ。

yuki_2019.2.9_1.jpg



下の道路から元気な声が聞こえたので、ベランダからのぞいてみると、傘がいくつも咲いていた。

yuki_2019.2.9_2.jpg


滑って転んで怪我をする人もいるだろうけど、
たまには雪もいいもんだ。

今日の雪はすぐに消えてしまったけど、
それもいい。

posted by 代表 at 23:23| 日記

2019年02月03日

COKIA 林 明子/「お財布と小物」展_2019年


土曜日、
中学の時に同級生の展示会を見てきました。

場所は二子玉川駅。多摩川のすぐ側。
雲ひとつ無くて、日差しがまぶしい。

cokia_「お財布と小物」展_01.jpg



展示の様子

cokia_「お財布と小物」展_02.jpg


cokia_「お財布と小物」展_03.jpg



財布は定番品の他に、ギリギリまで小さくした二つ折りの新作も。
三つ折りも作ったみたいだけど、既に売れていたので見れなかった。
大きな財布は使わないから二つ折りが気になる。


でも、財布は年の初めに新しくしたので、カードケースに目がいく。
今度は、色がなかなか選べない。

cokia_「お財布と小物」展_04.jpg


それで、用意してくれていたお菓子を食べながら考える。

cokia_「お財布と小物」展_05.jpg

お菓子は友人の日暮さんの手作り。
店の手伝いもしてくれてました。



カードケースは、黒に決定。
外が暗くなったら、黒が墨みたいでカッコ良く見えたもので。

cokia_「お財布と小物」展_06.jpg

名刺を入れた感じもいいでしょ。
出しやすい構造なんです。



閉店後は駅横の店に入り、3人で軽く打ち上げ。
何も調べないで入った店だけど、地ビールも料理も美味くて当り。
自分以外は「お疲れさまでした〜」。
posted by 代表 at 14:31| 日記

2019年01月24日

Studio NOI _New ShowRoom


他にない革新的な照明器具を輸入されているスタジオノイさん。
私もここ数年お世話になっています。
事務所は昨年の11月に恵比寿から南青山に引越しされたんですが、今日が新しいショールームのオープンということで行ってきました。

実は2週間前にも会社におじゃましたんですが、その時ショールームは全くの手付かずの状態。
照明がひとつも付いていなかったので、日没と共に打ち合わせを終わらせるというありさま。
果たして大丈夫なのだろうか。。。



ま、2週間もあれば何とかなるもので、無事に仕上がっていました。

studio_noi_01.jpg

壁のこの赤はノイさんのコーポレートカラーで、前のショールームの入り口にあった雰囲気と似せたそうです。
たくさんの「ルーチェリーノ」も同じ。
今回は、建物の前の通りから見える窓際にありました。



インゴマウラーさんデザインの「ツェッツル ムナーリ」
奥の羽が「バーディー」

studio_noi_02.jpg



インゴマウラーさんのコーナー

studio_noi_03.jpg

名作ばかり。



イタリアのOLUCE(オルーチェ)のコーナー

studio_noi_04.jpg

こちらも名作が並んでます。




BOCCI(ボッチ)の28シリーズ。
銅製のチューブを白く塗装していた。何か新鮮。

studio_noi_05.jpg


同じくBOCCIの14シリーズ。

studio_noi_06.jpg

これだけ並ぶと壮観だ。




ノイさんが新たに総代理店になったチェコ製のBOMMA(ボマ)。
これは、Soapシリーズ。

studio_noi_07.jpg

型を使わない手吹きのガラス。
それもクリスタル。
カラフルなコーティングが美しく、点灯時と不点灯時の変化も楽しい。



今回のレセプションの為に、わざわざチェコから来てくれたBOMMA広報担当の方が、Tido-Up Romanceを紹介している様子です。

studio_noi_08.jpg

Tido-Up Romanceは、本物の革でガラスを包んで吊るしています。
しかも、このTipe-Cは、馬の尾の毛を側面に巻いております。
すごいデザインだ!



最後に、写真を撮り損ねちゃったTimシリーズをカタログより。

studio_noi_09.jpg

一番大きなガラスで直径が600〜700ミリ。
質量が20kg以上。
これもクリスタルの吹きガラスです。
職人は力が要るし、肺活量もないとダメだし、熱さにも耐えないと。
泡ツブが一つも無くて、品質にこだわりを感じました。

----------------------------------------------------------------------
世界から選りすぐりの照明達。
是非、日本の素晴らしいインテリアに合わせて欲しいですな。
posted by 代表 at 19:25| 照明器具