2021年03月02日

『ハートマンヤマシマウマ家族の見分け方』/夢見ヶ崎動物公園


今日は、とても風が強くて「ゴーーー」って空が唸っているよう。
低い位置にある黒い雲の動きが早い。

天気予報が夕方から雨だったので、日課の散歩は、ランチのすぐ後に。

shimauma-no-miwakekata_0.jpg


公園の早咲き桜は、強風でピンクの花びらが落ちてしまっていた。
でも、その様子が美しいんだ。
春の訪れを感じる。


そして、今日はまた、妻 namiemi の新作を掲示していただきました。

夢見ヶ崎動物公園の案内制作・第11弾は『ハートマンヤマシマウマ家族の見分け方』。

shimauma-no-miwakekata_1.jpg


家族3頭の名前は、既に掲示してある写真入りの紹介文で分かるんだけど、見た目が似ているので、誰だかさっぱり???
お尻にある模様の違いで分かるんだけれど、来園者は、ほぼ判別不可能だったと思います。
そこで、このような案内を描いたという訳です。


shimauma-no-miwakekata_3.jpg


ちなみに、この水平に整った縞模様は、お父さんのビリーです。
イギリスの動物園で生まれた英国紳士なんですよ。

↓ 今回も作者の namiemi は大いに喜んでおりました。

shimauma-no-miwakekata_4.jpg


また何か良いネタを見つけて、描こうと思います。
夢見ヶ崎動物公園にお越しの際は、是非、案内を見てやってくださいね。

posted by 代表 at 16:55| 動物

2021年02月20日

横浜での買物ついでに動物園へ


この日はとても天気が良かったので、仕事で必要な買物のついでに、横浜の野毛山動物園に寄ってきました。

nogeyamazoo_2021.2_1.jpg


野毛山動物園は今年、開園して70周年を迎えるそうです。

『 開園70周年まで、あと 41日』案内板のレッサーパンダと同じポーズで記念撮影(笑)

ポカポカ陽気だからか、元気に動いている動物と、ひなたで寝ている動物に分かれていました。



キリンはいつものように、あちこち動き回って、楽しませてくれます。

nogeyamazoo_2021.2_2.jpg


『そら♂』は人懐っこくて、顔を向けてくれます。
食事中にもかかわらず、こちらを見てくれました。



野毛山動物園は緑が豊かで、野生動物も生息しています。

nogeyamazoo_2021.2_3.jpg


以前、ちょっぴりだけ見かけた台湾リスだけど、今回しっかりと確認。
横に伸びた大きな枝を伝って、木から木へと移っていきました。



nogeyamazoo_2021.2_4.jpg


今回初めて気になった、園の出入り口付近にある案内板。

これをデザインしたのは、もしや柳 宗理さんでは?

違う人のデザインだとしても、柳さんがデザインされた『野毛のつり橋』(1971年)と同年代を感じさせます。
特に2本の脚の形状が。
(気になってネットや作品集を見たんだけど、確認できず)



yokohama_2021.2.jpg


帰りに、横浜ベイクォーターで買物してきました。

上の画像は、イベント用の飾付け『ランタンツリー』。
暗くなったら更にキレイなんだろうなー。

日も落ちてきたのでビールでも飲んで帰りたかったけれど、ここはぐっと我慢して電車に乗りました。
ビールは、またいつか〜

posted by 代表 at 15:33| 動物

2021年02月14日

ペンギン『手を出さないでね』他/夢見ヶ崎動物公園


昨夜の地震、久しぶりに大きく揺れましたね。
揺れている時間も長く感じた。
私の住んでいる地域は震度3だったそうだけど、それ以上のような気も。

これが前震かもしれないので、しばらく油断は禁物です。

さて、今日はバレンタインデー。
でも、違う話をします。


手を出さないで_ペンギン.jpg


またまた妻 namiemi の新作です。
夢見ヶ崎動物公園の案内制作・第8弾は『手を出さないでね』ペンギン編。

飼育員さんとお話をしていたら「ペンギンに突かれたり、咬まれたりしたら相当痛い」と聞き、この案内イラストを描きました。
見た目とても可愛いペンギンですが、野生の激しさというのは持っているのだと、改めて感じました。


ペンギンの案内は、他に『やんちゃな最年少コンビ/スピカとスモア』を描きました。

スピカとスモア_ペンギン.jpg


今日で、ちょうど2歳の誕生日を迎えるスピカと、1歳になって間もないスモアは、同じ両親から産まれた兄弟(姉妹?)です。
どちらも、性別が分かっていません。
ペンギンの性別は血液検査で判明するのですが、それをまだしていないからです。
元気で好奇心旺盛、喧嘩も多いけど、いつも一緒にいる二人(二羽)です。


ペンギン案内_1.jpg


2枚の案内は、水槽の左側に貼っていただきました。


↓ 今回も作者の namiemi は大いに喜んでおります

ペンギン案内_2.jpg


フンボルトペンギンは特にお気に入りなので、その喜びはひとしおです。


『あげないで』サル編も掲示していただきました。

ここ数日の間にも、サル達へのエサやりを何度も目撃しています。
サル達が体調を崩さないよう願うばかりです。

【JPG版】あげないで_サル.jpg

Illustrated by namiemi

posted by 代表 at 10:13| 動物