2019年09月03日

照明30周年/その2

【2019年08月28日のブログ、照明30周年の続き】

照明に長年携わることになった話しです。

きっかけは、デザイン事務所から照明の会社・ヤマギワ(株)への転職ですが、入社当初は全く使い物にならない、ただ会社に来てるだけの社員でした。
中途採用だったので、他の新入社員のような新人教育は受けなかったし、そもそも照明器具に興味が持てなかったし。
最初の数週間はプロジェクトが本格的にスタートしていなかったのもあって、仕事が少なく、残業も無い。 
なので、秋葉原の電気街を見ては楽しんでました。
特にリビナ本館には、素晴らしいデザインアイテムが並んでいました。
ここは、学生時代から機会があれば見に来ていた店なのです。
そんなことをしているうちに、ようやく商品の開発が始まり、私も自分の仕事を持つようになりました。


[台湾の工場へ]
私が最初に配属されたのが、台湾をはじめとする東南アジアの工場で生産をするという新規の事業部。
価格を低めに設定した新ブランドを立ち上げて、その製品は主に海外で生産をするというもの。
私の担当は照明器具の生産管理。 製造を委託する台湾の工場へは何度も行って、何日も滞在してきました。
照明のことも、その技術的なこともほとんど知らない状態で最初は戸惑いましたが、それでも日本と台湾を行き来する間に徐々に慣れてきて、翌年にはデザインから設計までできるようになりました。これも工場にずっと張り付いて勉強したことと、ヤマギワの品質管理部や研究所の先輩達にご教授いただけたことのおかげです。 


[新ブランド y3・ワイスリー]
店舗用の照明器具のブランド。
ブランドの意味は、本来のヤマギワオリジナルの商品が最上級の「五つ星」と設定し、それよりは下の「三ツ星」ということだったような。。。
今思えば、三つ星だって大変なことだ。
でも、このy3ブランド、3年くらいで消滅しました。
安易に寄せ集めた品揃えが失敗の主な原因だと私は思っています。それと社内の理解不足も。
今では一般的なアジアでの生産を継続できなかったことは、大変残念なことです。


y3_1.jpg

(ワイスリーのロゴマーク/ブラックバージョン)


y3_2.jpg

[ヤマギワ、ワイスリーカタログ・インテリアライティング編/平成元年8月1日 発行]


y3_3.jpg

[ヤマギワ、ワイスリーカタログ・テクニカルライティング編/平成元年8月1日 発行]


短期間で終わってしまったプロジェクトでした。
それでも私は、ブランド名やロゴマークの製作から、商品化、カタログ作り、クレーム対応まで、ひと通りに携ることが出来て、短期間にとても多くの勉強をさせてもらいました。
デザインワークからでなく、技術的なことから始められたのも幸運でした。
これも会社の本体から独立した新規事業部に配属させていただいたおかげです。
この時の経験が現在のデザインの仕事に大いに役立っているのです。

しかし、この時点では、まだ照明をそんなに好きではありません。
このプロジェクトが終了してからヤマギワ本体の開発部に配属されてから徐々に変っていくのです。
posted by 代表 at 21:23| 照明器具

2019年08月28日

照明30周年/2019年8月


2019年8月も終わり。
ふと思い出したんだけど、私が照明に携ってから、今月でちょうど30年が経ちました。
そこから今現在に至るまで、ずっと照明の仕事を続けてます。
当時は照明器具にはまるなんて、これっぽっちも思っていなかったんだけど。

そのきっかけになったのは、照明会社・ヤマギワへの入社。
デザイン事務所から、メーカーへの転職でした。
自分としては、デザイン事務所の方が様々なデザインが出来るのでいいと思っていたんだけど、あこがれていた先輩について行く感じで、入社することになりました。
その時、私24才。バブルの真只中。

それからいろいろあって30年が経ち、未だに飽きずに照明の仕事をしています。

まだまだ続けるつもり。
----------------------------------------------------------------------

ここで、駆け出しの頃・ヤマギワ時代に携わった、特に想い出のある2シリーズをご紹介。


[JACK IN SYSTEM]

jack_in_system_1992_01.jpg

jack_in_system_1992_02.jpg

[1992年_ヤマギワ_ジャックインシステム・カタログより]


本格的に開発に参加したのは途中からだけど、単品のカタログや販促ビデオの製作もさせていただいて、大変良い経験になりました。
新製品発表会で、ヤマギワ福岡店に行ったのも良い想い出。
新宿のリビングデザインセンターOZONEさんやイルムスさんに多くの台数を設置してもらってたんだけど、まだあるかな?


続いて、
[MOOM/ムーム]  デザインは黒川雅之さん

moom_1992_01.jpg

moom_1992_02.jpg

[1993年_ヤマギワ_総合カタログより]


これは製品化の作業から引き継いだもの。
ポール灯の担当は初めてだったので、一から勉強をしながらの製品化でした。
実寸の発泡モデルを作って黒川先生にプレゼンしたりして、ワクワクしながらの作業でした。

商品撮影も全て立ち会いました。黒川先生が設計された建物のあるゴルフ場まで行って撮ってきたんですよ。
単品の撮影は、神田にあるフォトスタジオで。
白・黒・シルバーの3色展開だったんだけど、モノが一つしかないので、私がスタジオの外に出て、カラースプレーで塗り直しての撮影でした。
撮影が終わった時は、外が明るくなってました。
(今ならパソコンで色を変えられるのにね)



どちらのシリーズも1992年の発売。
既に販売はしていませんが、今だって通用するデザインだと思いますよ。(LED化して)

こう思い返してみると、小規模なプロダクトデザイン事務所から照明の会社に移れて幸運でした。
それもヤマギワというデザインに秀でた会社に。

好景気という幸運も重なって、とても濃厚な経験をさせていただきました。
これが私が照明好きになった理由のひとつです。

他の理由の話になると更に長くなるので、今回はこれで終わります。
お付き合い、ありがとうございました。
posted by 代表 at 20:28| 照明器具

2019年01月24日

Studio NOI _New ShowRoom


他にない革新的な照明器具を輸入されているスタジオノイさん。
私もここ数年お世話になっています。
事務所は昨年の11月に恵比寿から南青山に引越しされたんですが、今日が新しいショールームのオープンということで行ってきました。

実は2週間前にも会社におじゃましたんですが、その時ショールームは全くの手付かずの状態。
照明がひとつも付いていなかったので、日没と共に打ち合わせを終わらせるというありさま。
果たして大丈夫なのだろうか。。。



ま、2週間もあれば何とかなるもので、無事に仕上がっていました。

studio_noi_01.jpg

壁のこの赤はノイさんのコーポレートカラーで、前のショールームの入り口にあった雰囲気と似せたそうです。
たくさんの「ルーチェリーノ」も同じ。
今回は、建物の前の通りから見える窓際にありました。



インゴマウラーさんデザインの「ツェッツル ムナーリ」
奥の羽が「バーディー」

studio_noi_02.jpg



インゴマウラーさんのコーナー

studio_noi_03.jpg

名作ばかり。



イタリアのOLUCE(オルーチェ)のコーナー

studio_noi_04.jpg

こちらも名作が並んでます。




BOCCI(ボッチ)の28シリーズ。
銅製のチューブを白く塗装していた。何か新鮮。

studio_noi_05.jpg


同じくBOCCIの14シリーズ。

studio_noi_06.jpg

これだけ並ぶと壮観だ。




ノイさんが新たに総代理店になったチェコ製のBOMMA(ボマ)。
これは、Soapシリーズ。

studio_noi_07.jpg

型を使わない手吹きのガラス。
それもクリスタル。
カラフルなコーティングが美しく、点灯時と不点灯時の変化も楽しい。



今回のレセプションの為に、わざわざチェコから来てくれたBOMMA広報担当の方が、Tido-Up Romanceを紹介している様子です。

studio_noi_08.jpg

Tido-Up Romanceは、本物の革でガラスを包んで吊るしています。
しかも、このTipe-Cは、馬の尾の毛を側面に巻いております。
すごいデザインだ!



最後に、写真を撮り損ねちゃったTimシリーズをカタログより。

studio_noi_09.jpg

一番大きなガラスで直径が600〜700ミリ。
質量が20kg以上。
これもクリスタルの吹きガラスです。
職人は力が要るし、肺活量もないとダメだし、熱さにも耐えないと。
泡ツブが一つも無くて、品質にこだわりを感じました。

----------------------------------------------------------------------
世界から選りすぐりの照明達。
是非、日本の素晴らしいインテリアに合わせて欲しいですな。
posted by 代表 at 19:25| 照明器具