2017年04月27日

原田七重さんのマグカップ


harada_nanae.jpg


みどりのクラフト2017で購入したマグカップ。
原田七重さん作。

ここしばらくマグカップを探していたんだけど、ようやく見つけました。
私好みの薄くて繊細なデザイン。
手に取ると見た目よりもずっと軽く感じた。
容量もたっぷりだし、内側が白っぽいのもいい。液体の色が分かるから。

取っ手の形は個々に違いがあったんだけど、自分の指で持ちやすいものが1つだけ見つかった。これが決め手。

みどりのクラフトに出展されている作家さんは実力者揃いで、センスも抜群。
他の作家さんのものにも欲しいのがあったんだけど、今回は、このマグカップだけを購入。
開催日があと1日あったら、小鉢やプレートとか、あと3つは買っていたかも。
posted by 代表 at 12:33| コーヒーグッズ

2015年12月16日

クリスタルドリッパー 【キーコーヒー】


クリスタルドリッパー_01.jpg


クリスタルドリッパーが気になったので買ってみた。
形状は、コーノとハリオと同じ「円錐(すい)形」。
1〜4人用の表記の通り、私が普段使っているハリオの1〜2人用と比べて、ふた回りほど大きい。
ハリオの1〜4人用よりは少し小さい。
今のところ、これより小さなサイズの品揃えは無いみたいだ。


見た目がクリスタルのようにキラキラしているので、ただの装飾だと思ったが、そうではないらしい。
ペーパーの当たる内側がダイヤカットのようにデコボコしている。
フィルターを通ったコーヒー液がこの凹凸の隙間を通って下に落ちるのだ。
メーカーの説明では、「ジグザグとゆっくり流れ落ちることで最適なスピードとなり、おいしさを引き出します。」とある。


クリスタルドリッパー_02.jpg


早速、箱から出して試してみる。
ハリオ製でやっているように、豆を少しづつ蒸らすように湯を小分けにして注いでいく。
いつもの感じよりも早めにドリップが完了。
飲んでみると、あっさり、スッキリしている。


今度は、濃厚な味を目指して、ゆっくりめに注いでみる。
前よりも時間はかけたが、それでも「あっさりめ」だった。
それも最初と同じような味。


2回いれただけの感想だが、このドリッパーは落ちるのが早い。
あっさりしている味が好みの人には向いている。
メリットもある。 毎回、安定した味になる。
そして、ドリップに慣れていない人がやっても失敗しにくいのではないか。
下手な人がいれると「雑味・えぐみ」が出てしまうことがあるが、このドリッパーはそうなりにくいのではないかと思う。
(それでも、そんな味になってしまったらゴメンなさい。 最低限の基礎は要ります。)


逆に言うと、味のコントロールは難しい。
深煎りコーヒーの濃厚な味やほんのりとした甘味は出しにくいのかもしれない。

・・・と書いてみたものの、明日からもいろいろと試してみます。
ミルで挽く粉の大きさも変えてみたりします。
また、発見がありましたら報告します。


以上、(数少ない)コーヒー仲間への私の感想でした。
posted by 代表 at 22:55| コーヒーグッズ

2014年05月24日

昔のコーノ手挽きコーヒーミルのカタログ



新しいパソコンにして約2ヶ月。

大きなトラブルもなく使えていたんだけど、昨日、初のフリーズをしてしまった。

時間をかけて描いていた図面が・・・消えた。

昨夜は、そこでもうやる気がなくなってしまって、ヤケ酒。 半日分、損しちゃった。


今日は気分を取り直して、最初から図面のやり直し。

デザインが昨日と違っているんだけど、それも今日の気分ということでいいだろう。



kono_catalog_01


話は変わるけど、連休中に面白いカタログを見つけた。

コーノの手挽きコーヒーミルのカタログ。

古い仕事のファイルを整理していたら、これが差し込まれていた。

「貴重なものだから」としまっておいたのを、すっかり忘れていた。

デザインからして1960年代から70年代に作られたものか。

こういうデザインなら80年代にあってもおかしくはない。

コーノの手挽きミルは今もヤフオクで中古を見かけるが、こんなキレイな新品状態(デットストック)は滅多にないだろう。

「この頃に戻って、買いに行けたら・・・」と、ついつい考えてしまう。
続きを読む
posted by 代表 at 19:40| コーヒーグッズ