2019年09月25日

高崎に行ってきました_2019/9


9月は3連休が2週も続きましたが、その後の方で両親の住む高崎市に行ってきました。
台風の影響かどうかは分からないけど、高崎も雨降り。

墓参りの後に、毎回のように出掛ける群馬の森も霧雨模様。
芝生には誰もいません。靴が濡れるからね。

群馬の森_2019.9_1.jpg



群馬県立近代美術館では、新しい展示が始まっていたので、入ってみました。
『森村酉三とその時代』

群馬の森_2019.9_2.jpg


群馬県出身の鋳金工芸家で、あの高崎の観音様の原型を作った方でした。
作品は、仏教の道具や花瓶、人の胸像、そして動物や鳥をモチーフにした香炉などのモダンなもの。
私はモダンな作品の中にあった『蟹の香炉』がお気に入り。
ご本人はどれが好きな仕事だったのか?


群馬の森_2019.9_3.jpg


展示の最後に置いてあったナマズだけが撮影OKだったので、撮ってみた。

欲しくはないな。
やっぱり蟹のがいい。
posted by 代表 at 19:27| 日記

2019年08月07日

横浜・みなとみらいに行ってきました


今日も猛暑日。
もう暑さに不満を言っても仕方ない。あきらめたよ。

今日、久しぶりに電車に乗って座っていたら、斜め前に若い女性が。
バッグに付いていたキーホルダーに「おなかに赤ちゃんがいます」って。
前に座っている若者は、スマホを見てて気がつかない。
なんで、私が席を譲りました。
キーホルダーを指差したら、私がしたいことをすぐに察してくれたので、スムーズに交代が完了。

で、立ってみて気づいたんだけど、そこの席は一列全てが優先席だった。
ダメじゃん若者達〜。

つり革につかまりながら、4日前の食事会で会った友人がおめでたで、彼女のお母さんが私よりも年下って知ってしまい、ショックを受けたのを思い出し笑いしてしまったよ(笑)


えー、本題へ。

午前中は打ち合わせで出かけて、その帰りに高校の美術の先生の絵画展を見てきました。
昨年は行きそこなってしまったので、2年ぶりのみなとみらい駅。


改札を出ると、今年もデカすぎるピカチュウがいた。

minatomirai_2019.8.7_01.jpg


会場のサブウェイギャラリーMは、改札を出て1分のところ。

松本敏裕X亮平展 ―それぞれの表現X―
2019年8月5日〜11日

会場の様子。

minatomirai_2019.8.7_02.jpg


開催のあいさつ文

minatomirai_2019.8.7_03.jpg


松本先生の作品で好きだった絵↓

minatomirai_2019.8.7_04.jpg

先生とお話して、
年が10才しか離れていないことに改めて驚く。
私が16才のとき、先生は26才だったんですね。
ふーー(苦笑)


次は、
息子の亮平さんのコーナー

minatomirai_2019.8.7_05.jpg


これ、かわいい作品でしょ↓

minatomirai_2019.8.7_06.jpg


そうそう、亮平さん、
今年、昭和会賞を受賞されたそうです!
昭和会賞は、絵画の新人賞です。
平成最後の年でもありながら令和の元年に昭和会賞。
こんがらがるけど、素晴らしいことです。
おめでとうございます。
posted by 代表 at 20:03| 日記

2019年08月06日

高崎に行ってきました_2019/7


暑い日が続きますね。
エアコンが大活躍です。
先月の梅雨の時期に2台を新しくしました。
工事の日は梅雨寒で、「早まったかな」とも思ったけど、結果は良し!


ブログの更新は、約ひと月振りになってしまいました。
何かとやることがあって、すっかりと忘れ去ってしまっていた。。。
昨日「ブログみました」と、メールをいただき、「あっ」と思い出した次第(笑)


そんなことで、再開します。


少し前なんですが、両親のいる高崎にまた行ってきました。
お盆の前なんで、墓掃除をするのがメインで。
それに、あまりにも暑いと行きたくなくなっちゃうので、その前にと。


行くと、いつも近所にある群馬の森を散歩。
近代美術館にも行きました。

群馬県立近代美術館_003.jpg


二人の女性作家さんの展示でした。
「まえ と いま」

群馬県立近代美術館_004.jpg


竹村さんの作品は、私がいま取り組んでいる仕事につながるところを感じて、じっくりと見させていただきました。



帰宅したら、母から「この本、欲しい?」って2冊の図録を見せられた。
美術館が、蔵書の無料配布をしたときにもらってきた本みたい。
重いけど、もらってきました。

群馬県立近代美術館_005.jpg
posted by 代表 at 14:56| 日記