2022年11月02日

『アメリカアカリス』の紹介・リニューアル版/夢見ヶ崎動物公園


10月4日、アメリカアカリス5頭が、上千葉砂原公園 (東京都葛飾区) に移されました。

その5頭は、昨年生まれの2頭と、今年生まれた3頭の若い子たち。

今の飼育環境では、リスの数が多かったみたいです。
(喧嘩して傷を負っているのを目にしたことがあります)


アカリス案内_2_01.JPG


残ったのは3頭となり、その内の 『コユキ♀』 は、バックヤードの病院に入院したそうです。

内臓の病気とのこと。

私は8月末に腹部が大きいことに気付いていて、その時、飼育員さんに 「妊娠していますか?」 と、聞いたのを覚えています。

飼育員さんは 「乳房が目立っていないので、そうではないと思います」 との答えでした。  

・・・残念ながら、病気だったみたいです。


↓腹部が大きい 『コユキ』

アカリス案内_2_02.jpg



そういった経緯で、namiemiが案内を描き直すこととなりました。


アカリス案内_2_03.jpg


今回ので夢見ヶ崎動物公園の動物案内は、45作目となります。



アカリス案内_2_04.JPG


新しい案内は、正規の案内板(緑色)の右側に貼っていただきました。

左側のは、以前描いた 『エサやり禁止』 です。



それでは、現在、アカリス舎にいるメンバーをご紹介しましょう。  

↓サンタロウ ♂

アカリス案内_2_05.JPG


大きくて、丸っこい体型をしています。 

リスのオスらしく、タ〇タ〇が、とってもビッグです。笑



↓サユリ ♀

アカリス案内_2_06.JPG


今年生まれた子どもたちと見分けがつかないくらい、小柄で華奢な子です。


アカリス案内_2_07.JPG


仕草が可愛らしく、見ていて飽きません。 

まぁ、リスは皆そうなんですが。


それにしても、子どもたちとの突然のお別れ、ちょっとショックでした。

2頭だけになってしまって、寂しい晩秋でございます。 泣

posted by 代表 at 18:57| 動物・植物