2022年09月09日

『ボウシインコ』の紹介、リニューアル版/夢見ヶ崎動物公園


ボウシインコ紹介_01.jpg


namiemi、今度は、ボウシインコの案内を描きました。

ボウシインコの案内は昨年7月に描いて展示していたのですが、強風でどこかに飛んでいってしまいました。

どうせならと、リニューアルすることに。

前のよりも似ていると思います。

今回の絵で 『夢見ヶ崎動物公園 案内』は、とうとう40作目となりました。



ボウシインコ紹介_02.jpg


以前と同様、手前の柵に吊るしていただきました。



それでは、可愛い3羽を紹介しましょう。

最初は、アオボウシインコの 『チコ ♂』 


ボウシインコ紹介_03.jpg


その名の通り、鮮やかな青い帽子を被っているかのよう。

この子はすごく人懐っこくて、止り木から柵を伝って、近くまで来てくれることもあります。


ボウシインコ紹介_04.jpg



得意芸は 『電話の呼出し音』 のモノマネ。

羽をぐっと上げて 「ルルルルル…」 と鳴きます。

機嫌が良い時は、何度か繰り返してくれます。

もし、やってくれた時は、褒めてあげてくださいね。


ボウシインコ紹介_05.jpg




続いては、パナマボウシインコの 『サッチー ♀』

彼女は、あまりおしゃべりではないんですが、人は大好きみたいです。

チコと一緒に、目の前まで来てくれます。


ボウシインコ紹介_06.jpg


ちょっとした仕草も可愛らしい子です。

チコと同じように、 『電話の呼出し音』 のモノマネもします。
チコに教わったのかも。


サッチーといえば、面白いエピソードを(インコファンの女性から)聞きました。

ある日のサッチー、床にある側溝(水を排水する為の溝)を通って、お隣の部屋に移動していたそうです。

その時は、住人(鳥)のヨウム・ウル♀がバックヤードに移されていたので、空き部屋。

ウルに怒られずに済みました。笑


大人しく見えるけど、意外に冒険心があるのかも。


ボウシインコ紹介_07.jpg



サッチーとチコは、とても仲が良くて、一緒にいるのをよく見かけます。

ボウシインコ紹介_08.jpg




最後に、キエリボウシインコの 『ポー ♂』 

ボウシインコ紹介_09.jpg


3羽の中では一番大柄で、一番おしゃべり。

「おはよう」 を声色を変えながら言うことができます。

元気で可愛い子供の声や、シブいおっさんの声も。

また、おばさんの声で 「ハハハハハ」 と高笑いもします。

笑い声は滅多に出さないので、聞けたらラッキーですよ。

「ハハハハハ」 の後に、何故か 「ギョエ〜」 と続けて言います。 

何なんだろうね?


インコ舎の中では、この部屋が一番のおしゃべり。

聞いていると、ほっこりします。


※眠そうにしていることもあるので、その時は、そっとしておいてくださいね。

posted by 代表 at 11:48| 動物・植物