2022年07月21日

フンボルトペンギン『衣替えのお話』/夢見ヶ崎動物公園


ペンギンの換羽案内_01_2022.7.21.jpg


namiemiが描く 『夢見ヶ崎動物公園 案内』

今回の新作は、フンボルトペンギンの『衣替えのお話』 です。

動物案内は、これが35作目となります。



ペンギンの換羽案内_02_2022.7.21.jpg


全体を見渡せる場所の壁面に貼っていただきました。


昨年も 『換羽の案内』 を描きましたが、今年は少し内容を変えてのご紹介です。

古い羽の抜ける過程がとてもユニークなので、それを楽しんでいただけたらと思います。



この動物園で一番若いペンギン 『スモア♂』 を例に、ご紹介しましょう。

2021年8月、換羽が始まりました。

ペンギンの換羽案内_03_2022.7.21.jpg


換羽前に、エサのアジをお腹いっぱい食べて栄養を蓄えます。

まだ体の小さなスモアも、こんなに太っています。



ペンギンの換羽案内_04_2022.7.21.jpg


この時点だと、お腹よりも下にあった羽は抜けています。

古い羽は自分のクチバシを使って抜くので、抜きやすい所から変わっていく感じです。



ペンギンの換羽案内_05_2022.7.21.jpg


ほぼ抜けていますが、クチバシの届かない所は残っています。

残りの羽は自然に抜けていくみたいです。



ペンギンの換羽案内_06_2022.7.21.jpg


全ての羽が抜け変わって、キレイな体になりました。

スモアは他のペンギンたちよりも白い羽がより白くて、輝いて見えます。

良かったね、スモア!



スモアの姉・スピカの換羽も頭付近が面白い抜け方をしてました。笑

ペンギンの換羽案内_07_2022.7.21.jpg



最後に、一昨年(2020年)に初めて換羽をした時のスモアの写真。

ペンギンの換羽案内_08_2022.7.21.JPG


おもろカワイイでしょ。

今年は、どんな姿が見られるか楽しみ〜

posted by 代表 at 15:01| 動物・植物