2022年04月17日

METEORITE(メテオリーテ)とMOOM(ムーム)【YAMAGIWA】


浜松町駅から徒歩で移動中のこと。

増上寺の辺りで、見覚えのあるポール灯を見つけた。


meteorite_01.jpg


メテオリーテだ!


meteorite_02.jpg


奥にも2本ある。


meteorite_03.jpg


まだ残っていたんだ。

状態も良さそう。

懐かしくて、しばらく眺めてしまった。



帰宅後、昔のカタログを引っ張り出してみることに。。。


↓ヤマギワ総合カタログ‘91-’92版 より

meteorite_04.jpg


meteorite_05.jpg


この器具の特長は、ユニークな反射板。
ランプの周りを名刺くらいの大きさの反射板数枚で囲み、そのレイアウトで光の広がりを制御。
このアイデアによって器具の薄型化が実現できたのです。


meteorite_06.jpg


支柱と灯具を結ぶ、細いアームも斬新だった。


meteorite_07.jpg


その効果で、灯体が支柱から浮いているかのよう。
個性的なアームだけど、ポール灯の1灯用・2灯用はもちろん、ブラケットにもピッタリとハマっています。

デザインは、黒川雅之さんが担当。

正に「名作」と言っていいのではないでしょうか。 



実は、私、このメテオリーテの弟分である「ムーム」の商品化を担当しました。


↓ヤマギワ総合カタログ 2000-2001年度版 より

meteorite_08.jpg


・・・と、ここまで書いていて、ムームのことは過去のブログに載せていたのを思い出した。


『照明30周年/2019年8月』 
http://namiki-design.sblo.jp/article/186485456.html


なので、ムームの思い出話はしないでおきます。 笑


メテオリーテとムームは、既に生産は終了している。
2002-2003カタログには掲載されていなかった。

私が増上寺付近で見たメテオリーテは、設置されてから20年以上は経過したことになる。

器具は更に老朽化するだろうし、使用しているHIDランプもいずれは生産終了になるだろうし、いつまで使ってもらえるのか。。。 

無くなるのは惜しい名作なので、LEDに光源を変えるなどして、何とか生き残ってほしいものです。
タグ:YAMAGIWA
posted by 代表 at 14:02| 照明器具