2019年09月09日

台風15号/2019.9.9


まさかの首都圏をピンポイントで狙ったような台風でした。
それも、ものすごい勢力。
こんなの今まで記憶がないかも。

夜中の3時ごろに窓に当たる雨風の音で起こされて、最も激しくなってきた3時半から4時ごろの間は、恐怖さえ感じました。
雨風が最も強い時は、玄関ドアの下の隙間から水があふれる様に入ってきちゃった。
ここ、マンションの5階なのに。
すぐに雑巾とバケツを持ってきて対応したけど、結構焦ったし、心配したよ。
中々寝付けなくて、外が白みがかってきた頃に、ようやく眠れることができた次第。



大記録です!(悪い記録と言ったほうがいいか)

[今回の台風15号の最大瞬間風速は、千葉市中央区で57.5メートルだったそうです]

強風が吹くと、仕事柄、ポール灯(街灯)のことが心配になってしまう。
今は、その心配も大分薄れてきたんだけど、照明の会社に在籍している時は、台風が近づくと「ポール灯が吹き飛ばされていないかどうか」それはもう、気が気でない。

今から約20年前、ルイスポールセン ジャパンに勤めていた時期があって、ポール灯の耐風速を40メートルから60メートルに標準化したんです。
その時は、「風速40メートルで自動車でも飛ばされるからね。そんなこと稀でしょ。」
「風速60メートルなんて滅多に無いんだから、標準化まではしなくてもいいじゃないの。」って思ってた。
でも、やっておいて良かった。ホント良かった。
今回の直撃の台風を体験して、よーく分かりましたわ。

その時のエピソードが、今も印象に残っている。
耐風速は、計算から割り出すことがほとんどなんだけど、ルイスポールセンのデンマーク本社に60メートル標準化の話しをしたら、何と現物を使った実験までしてくれて耐風速を証明しました。
船舶関係の実験施設に持ち込んでしたみたい。
その時は「流石、海洋国家デンマーク」と思いましたわ。

近年の異常気象は、台風も威力が増して、発生数も増えているような気がします(個人的な印象)
今後、更にポール灯の耐風速基準を上げないといけなくなるのかもしれないな。


下のポール灯は、現物で耐風速試験をした『サテライト マキシ』
現在の名称は、『アルバスルン マキシ ポスト』
光源がLED化されて絶賛販売中です。
(ちなみに私が最も好きなポール灯です)

satellite maxi post.jpg

[1992年発刊・ルイスポールセンジャパンのカタログより]
posted by 代表 at 21:26| 照明器具