2019年09月06日

照明30周年/その3

【2019年9月3日のブログ、照明30周年の続き】
照明に長年携わることになった話しです。


[バブル崩壊とヤマギワ退職]

照明会社ヤマギワに勤務していたのは、ちょうどバブル真盛りの時でした。
会社は売り上げがぐんぐん伸びていて、決算ごとに最高売り上げを更新していました。
新しい店舗は続々と開店するし、照明の部門も大量に商品を開発するし、新製品発表会を新宿NSビルのイベントホールで大規模に行い、総合カタログは写真集みたいに贅沢な装丁でした。

そんな時代も終わりを告げます。バブルは弾けて、会社の業績は一気に下降します。ヤマギワにもリストラの嵐が吹き始め、デザイナーもその対象になりました。実績のある先輩達が、店舗や営業に転属されてしまいました。実績のない私ではありますが、何とか開発部には残ることはできました。(当時は若くて給料も安かったからでしょう)
しかし、新しい開発部は、ヨーロッパからの輸入品を日本で販売する為の仕様変更が主な仕事でした。
私は、オリジナルのデザイン開発の仕事がしたかったので、ここで会社を辞める決心をしたのです。



[照明のデザインの事務所へ転職]

退職して間も無く、会社の先輩が興したデザイン事務所のスタッフとして勤めることになりました。
そこは照明のデザイン事務所なんですが、照明器具のデザインはほとんどしないんです。何の仕事がメインかというと、マーチャンダイジング関連の業務でした。企業が商品開発をする際に役立つ情報を調査し、整理して提供するのが仕事です。
その業務の為に、何冊もの分厚いカタログからコピーを取り、大きな紙に切り張りして、アイテム数や機能等を調査しました。プレゼンでは数値を表にしたり、それに考察を加えたります。
新聞やビジネス書や専門書から得た情報を整理してトレンドを抽出したり、提言をまとめたり。。。
「ここ、デザイン事務所なの?」って感じでしょ。
照明には関連はしていたけど、器具意匠や配灯とかのデザイン事務所ではなかったのです。
調査の為にアメリカの西海岸とニューヨーク近郊のショッピングセンターも見にも行きました。レンタカーに乗って。

器具のデザインはしなかったんですが、この経験が今に役立っています。
それまで、商品の背景をあまり深く考えないでデザインをしてきたんだけど、ここで得た知識のおかげで、ただ「おしゃれ」や「カッコイイ」「美しい」だけを考えるデザイナーではなくなっていました。
このことも私が幸運だったひとつの経験です。
しかし、今思えば当時ワープロはあったけど、パソコンが無かったんですよ。 よくあんな面倒な手作業をしていたものです。


md_plan_1.jpg

md_plan_2.jpg


上記の資料は、当時のダウンライトを調査した時のものです。
数値を比べたり、競合品を並べると、いろいろ見えてくるんですよね。
posted by 代表 at 13:21| 照明器具