2018年09月06日

フィンランド陶芸


フィンランドの陶芸_1.jpg

台風一過で暑い中、
目黒区美術館で開催されている『フィンランド陶芸-芸術家たちのユートピア』を見てきました。

実は、あまり期待をしていなくて行く予定はなかったんだけど、最終日が近くなってきて「やっぱり行くか」ってなりました。
自分では、結構知っているつもりだったので。

順番通りに回ってみると、「この程度のものか」って思うのだけど、年数が経つにつれ、徐々に良くなっていく。
1950年代になるとアラビア製のものが出てくるので、見ごたえがある。

今回驚いたのは、ルート・ブリュックさんの作品。
タピオさんのお奥様なので知ってはいたんだけど、こんなに素敵なものだったとは。
特に深みのある色がキレイ。
やはり現物をこの眼で見ないとね。
お土産にポストカードを買ったけど、写真は別物だ。


↓ 陶板を拡大したパネルがありました。

フィンランドの陶芸_2.jpg


来年2019年が日本とフィンランドの外交関係樹立100周年だそうで、その関連のイベントが続いています。
来春にあるルート・ブリュックさんの展覧会が、今から待ち遠しい。
posted by 代表 at 14:28| 日記