2015年02月01日

ベルサイユ宮殿のシャンデリア


ベルサイユ・シャンデリア.jpg


パリ旅行で楽しみにしていたのがベルサイユ宮殿。
鏡の回廊にあるシャンデリアが見たかったのです。

印象は写真で見ていた通りだったけど、細部まで確認できたのが良かった。
それにしても完成度が高い。
これが1684年のものだっていうんだから驚き。
(当時は、ろうそくだったのを電灯に変えている)



下の画像は、ベルサイユ宮殿のシャンデリアをモチーフにして、小さくデフォルメした卓上型のシャンデリア。
2003年のデザイン。(ナミキデザインとしては異色の仕事)

高さは30cm程で、アクセサリー用のスワロフスキー製クリスタルを使用。
本体とアーム、ベースには金色メッキを施す。
ベースの中に砲弾型の白色LEDを12灯も実装し、下方からクリスタルビーズをライトアップ。
当時は白色LEDが照明に何とか使えるようになった頃で、明るさも不十分だった。

シャンデリア本体部分の製作はアクセサリー職人(兼デザイナー)で、その他の製作は照明器具工場。
宝飾業者も関わって、企画・製作も本格的な体制。

ベルサイユシャンデリア_2003


この器具は日本橋のデパートで限定10台で発売。
価格は100万円。
1台は新年の初売りで1億円の福袋となった。
これには高価なダイヤモンドを一部に使用した。


限定10台の内の1台を、お世話になっている方の知人が購入したというのを後から聞いて驚いた。
世間は狭い。

posted by 代表 at 10:08| My Design