2022年02月28日

今月の読書_2022.2


恒例 『今月の読書』です。

今月も図書館にはお世話になりました。

借りてきた本の一部をご紹介。



今年の干支である虎の写真集。

撮影は岩合光昭さん。

book_2022.2_01.jpg


虎って現在の地球で最もカッコイイ生き物だと思っています。

虎柄のデザインは、神様の最高傑作ではないでしょうか。

見た目も立派で美しいけど、体の能力も抜群。

その強い虎が、猫と似ているというのも好き。



book_2022.2_02.jpg


パンダのデザインも傑作です。

人気投票をしたら、一位なんでしょうね。

しかし、『パンけつ』には笑った。



他にもいろいろと借りてきました。

book_2022.2_03.jpg


book_2022.2_04.jpg


book_2022.2_05.jpg


book_2022.2_06.jpg


book_2022.2_07.jpg


book_2022.2_08.jpg


book_2022.2_09.jpg


book_2022.2_10.jpg

posted by 代表 at 10:56|

2022年02月26日

『カミツキガメ』の紹介/夢見ヶ崎動物公園


カミツキガメ紹介_1.jpg


今回ご紹介する 『夢見ヶ崎動物公園 案内』の新作は、『カミツキガメ』です。
作画の担当はnamiemiで、私は一応、監修。
32作目となりました。


カミツキガメ紹介_2.jpg


正規の案内板の下に掛けていただきました。
ここは目立っていいですな。


カミツキガメ紹介_3.jpg


このガメラくん、甲長は50cmくらいあるのかな? 
大きなカメです。
ゴツゴツしてて、いかついけど、何か愛嬌を感じませんか?


どこかで保護されて夢見に来たそうです。
以前は人が飼っていたのでしょうか。
動物園は、保護(捕獲)されたり、ペットとして飼われていた生物を引き取ることがあります。


カミツキガメ紹介_4.jpg


たまーに、首を水面に伸ばし、空気を吸っています。
長い首だこと。


私が初めてこのカミツキガメの水槽を見た時、「ちょっと狭すぎるんじゃない?」と思ったんですが、このカメの生態としては、これで良いみたいなんです。
普段から水中でじっとしていて動かないのだそう。


毎日のように観察している私も、ガメラくんが動く様子はあまり見れません。
動いたとしても、とてもゆっくりで、少ない動きです。
本来は夜行性なので、夜はもう少し活発なのかもしれませんが。


そして、私はまだ、このカメが食事をする様子を見たことがありません。
強力な顎でガツガツ食べるのかな?


カミツキガメは、自然の生態系や人体への悪影響が心配されるものとして、2005年に「特定外来生物」に指定されました。 (原産地は、北アメリカから中米)
危険な生物とされています。

このガメラくん、どのような経緯であっても、この動物公園に来れたのは幸いなのではないでしょうか。

ここ「幸区」なだけに。。。
posted by 代表 at 10:43| 動物

2022年02月25日

抗原検査ペン


抗原検査_1.jpg


開発業務を一緒にしている会社から『抗原検査ペン』をいただいた。

私もたまに会社に顔を出すので、コロナウイルスに感染していないかを事前に確認しておいたほうがいいからね。 

昨日、打合せがあったので、使ってみることに。


抗原検査_2.jpg


袋の中身は、こんな感じ。


では、検査スタート!


抗原検査_3.jpg


『唾液コレクター』を取り出し、下に付いているキャップを外して試験紙を出す。

次に、試験紙で舌の上側奥をなでてから、舌の下に移してくわえ、唾液をしみ込ませる。

2分待ってから 『唾液コレクター』 をテーブルに置いた『抽出バッファ』に押し込む。


抗原検査_4.jpg


すると、『抽出バッファ』から何やら液体が出て来て、それが『唾液コレクター』と交わった。


15分待ったら、結果が判明。


抗原検査_5.jpg


赤い線が1本なので、陰性。

まぁ、外出は散歩しかしていないから当然の結果ではある。

でも、ホッとした気分にはなるな。


この抗体検査ペン、簡単に使えて、よく考えられたデザインでした。

価格を調べたら1本1500円くらい。

高いのか安いのか分からないけど、他の検査キットよりは安価でした。

posted by 代表 at 14:23| Cool Design