2019年10月23日

インゴ・マウラーさん 永眠


デザイナー仲間から昨夜連絡がありました。

ドイツの照明デザイナー、インゴ・マウラーさんが、2019年10月21日に永眠されたそうです。

ネットで調べたところ、ミュンヘンのご自宅で家族が見守る中、息を引き取られたそうです。
87歳。

仕事仲間からの情報だと、ふた月程前から体調を崩されていたそうです。
10月21日は、先に天国に行かれた奥さまのお誕生日だったそうです。

彼のデザインする照明器具は革新的でユニーク、新作を見るたびに「ハッ」とさせられました。
常に時代の先端を走っている方でした。
私のあこがれ、ずっと目標にしてきたデザイナーでした。

心からお悔やみ申し上げます。



代表作のBulb

Bulb_Igno Maurer.jpg



これも代表作、One From The Heart

One From The Heart_Ingo Maurer.jpg



羽と電球の作品は、インゴマウラーさんの象徴ですね。
Birdie

Birdie_Ingo Maurer.jpg


私が初めて彼のデザインに出会ったのは、今から28年くらい前のこと。
当時勤めていたヤマギワの会議室に、あの名作「YAYAHO・ヤーヤーホ」が天井にあったのです。
ローボルトのワイヤーシステム。
初めて見た時は、衝撃的でした。感動して小躍りしました。
「こんなことが、できるんだ」って。
以来、ずっと大ファンです。

それから25年経って、日本でインゴマウラー製品の輸入総代理店をされているスタジオノイさん(本社・南青山)からナミキデザインに取扱説明書製作のご依頼をいただく機会がありました。

それ以来、製作の継続をいただいておりまして、今も新作のサンプルが我事務所に来ています。
(勝手に)ご縁を感じながら、新作が届く度に楽しんでおりました。
そして、大いに勉強させていただきました。

彼が亡くなられてもドイツの製造会社は継続されるそうですが、彼の新作がもうウチに来ないと思うと、とても寂しいです。
しかし、新作はなくても、あの名作達は永遠に残るでしょう。
正に世界遺産。

今までありがとうございました。
posted by 代表 at 20:09| 照明器具

2019年10月06日

久しぶりの風邪


季節の変わり目に体調を崩すことって「あるある」だよね。
思いおこせば、自分にも何度か心当たりがあります。
夏の疲れがたまっていて、それが一気に出てしまったり、布団を掛けないで寝ていて、朝起きたら「調子悪〜」ってこと。
今、風邪とかインフルエンザが流行ってきているそうですよ。


はい、私も風邪を引いてしまいました。
原因は不明です。
昼間から微熱があって、夜になると38度を超えてしまってフラフラ。
「もうダメ〜」って感じ。


翌朝、近所の診療所に行ってきました。
子どもの時からお世話になっているところ。
子どもの時は、先代(親父さん)が院長先生だったけど。


症状は発熱と咳。特にノドの痛みがひどい。
水も飲めないくらい。
しかし、何も食べないわけにはいかないので、診療所に行く前にお粥を作ることに。
炊飯器で作るのは初めてだったんだけど、普通に炊くのと方法は一緒。
米を入れて、お粥用の目盛りに合わせて水を入れるだけ。
家に戻った時には出来上がってました。


zousui.jpg


一口目は飲み込むのに苦労したけど、一度通るともう大丈夫。
空腹だったので、一気に食べてしまった。
たまには、お粥もいいなー。

そうそう、辛いのはノドに良く無かったです。
普段以上にヒリヒリするんで。


nama_yatsuhashi.jpg


いただいた生八ッ橋があったので、それも続けていただく。
一口サイズだし、柔らかいし、ノドが痛くてもいくらでも食べられる。
「別腹」ってよく言われるけど、「別喉」だな、このお菓子はw

お菓子は、本家 西尾さんの生八ッ橋のおまんです。「お饅頭」のおまんかな?

しっかり栄養をつけて、安静にして、体重も増えたんだけど、
ノドの痛みはまだ治らない。

困ったもんだ。
posted by 代表 at 19:41| 食べ物・飲み物