2016年02月24日

林 明子さんの小物展 / ファーマズテーブル


akiko hayashi_bag_18.jpg


友人の林 明子さんが、またまた恵比寿のファーマーズテーブルさんで展示会をします。
今回はバッグではなくて、ポーチやカードケース、コースターなどの小物だそう。
バッグを作る時に出てしまう端切れを利用したみたい。

2月26日(金)から3月3日(木)までだそうだけど、バッグと同様、早めに行かないとあまり選べなかも。

詳しくは、こちら↓

http://www.farmerstable.com

ファーマーズテーブルHPのNEWSをご覧ください。



−− 追記 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

展示品の画像が届いたので加えておきます。


akiko_komono_01.jpg


akiko_komono_02.jpg


akiko_komono_03.jpg




−− 追記 その2 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

展示会は無事にスタートしたそうです。

会場の様子

akiko_komono_04.jpg
posted by 代表 at 15:15| お知らせ

2016年02月23日

ガラス器の展示会


sghr_01.jpg


照明関係の先輩から、ガラス器の新商品発表会があると教えていただき、青山の会場に行ってきた。
菅原工芸硝子さんのショップに行くのは初めてだったが、AOビルの裏側だったので迷うことなく着いた。
既に多くのお客さんがいる中を順に見て回る。
デパートで買い物をしているような気分。
器好きには楽しい時間。


流石は日本製。デザインは洗練されているし、品質も高い。
欲しい器をいくつか発見してしまった。


sghr_02.jpg


社長さんに隣にあるカフェのサービスチケットをいただいたので、帰り際に寄ってみた。
注文したお茶と菓子が、新商品の器に入って出された。
実際、中に盛られると、売り場とは違って見えてくる。


大テーブルに相席で前に座っていた女性に「いい器ですねー」と声を掛けられた。
「そうですねー」と答えると、隣の女性も話しに加わってきた。
3人とも違うメニューを頼んでいたので、出せれた器もそれぞれ違っていて、見比べることができた。
ガラスの器好きが集まっての、ちょっとした懇親会みたい。
なんか面白い。


やっぱり日本製はいいです。
日本の硝子を使って、照明器具のシェード作りたいと改めて思いました。
posted by 代表 at 20:48| 日記

2016年02月20日

PHの新しいテーブルライト


PH 3 1/2-2 1/2テーブル

PH3½-2½テーブル.jpg


JIDAのライティングデザイン研究会のミーティングの為、久しぶりに六本木AXISに行った。
早めに着いたのでルイスポールセンジャパンのショールームに寄り、PHランプの新しいテーブルライトを見てきた。


ポール・ヘニングセンが1920年代末にデザインしたものの復刻版。
我が家にも、全てのシェードがガラス製というものがあるが、今回のものは一番上のシェードだけが金属製になっている。
その金属シェードで反射した光が、机上をより明るくするのである。
視作業をするのに適しているランプだ。
色は4色も用意されている。


今回、特に良いと思ったのが、支柱とベースの仕上げ。
古味の仕上げを塗装にしているのだ。
これならば手袋をしなくても指紋が付く心配が無く、扱いが楽になる。

例によって、お値段は高いのだけど、ちょっと気になっている。
posted by 代表 at 18:37| 照明器具