2014年07月29日

千手シャンデリア / ペーパーモデル

シャンデリア模型_01

また、特注照明器具【千手シャンデリア】のデザインのこと。

今回の特注デザインには、縮小したペーパーモデルも作成した。
建築のデザイナーさんが建物模型を作っていたので、それに合わせてシャンデリアのモデルも作った。
モデルと実際に完成した画像を並べてみると、かなり似ているのがお分かりでしょう。
CADの図面でも形状と大きさの検討はしていたのだけど、モデルだとリアル感が違う。
この確認ができたおかげで、安心して器具の製造に進めることができました。

シャンデリア模型_02

シャンデリア模型_03


作成したペーパーモデルは、1/20の縮小サイズ。
直径7センチで手のひらに載る大きさです。
建築模型に合わせたのだから仕方ないけど、私が普段作るのは最小でも1/5サイズ。
ここまで小さいとアームが細かくて、作るのが大変でしたわ。


ペーパーモデル製作の様子。
(工作の時間みたいでしょw)

シャンデリア模型_04

24本もあるアームを切り抜くのに飽きちゃって、「誰がこんなの考えたんだ!」って自分に文句を言いながらも、出来上がると嬉しくって、しばらく部屋に吊るしておりました。
posted by 代表 at 11:41| My Design

2014年07月27日

千手シャンデリア / レンダリング

木製シャンデリア_3D_01

特注照明器具【千手シャンデリア】の続き。
上の絵はデザイン作業初期のレンダリング。
レンダリングとは、完成デザインを表したイラストのことで、「こんなのが出来るといいなー」って描いたものです。
木でこんなにも大きなシャンデリアを形にした経験がなかったので、この段階ではこのままのデザインで作れるかはわからなかった。


この後、製作してくれたメーカーさんが頑張ってくれて、形にできました。
それが、これ。(実物写真)

木製シャンデリア_04

支柱が太くなった以外は、初期のデザインを忠実に再現できています。
LED電球を使ったので、発光部分の下がゴツくなってしましましたが、現状では仕方ないこと。
使えるLED電球があるってだけでも感謝しないと。


今回の物件には、様々なデザインを考えて提案しました。
クリスタルビーズがキラキラしたエレガントなものや、クロームメッキを施した金属フレームをもった重厚なデザインのものもありました。
木製のデザインについては別の案も。
それがこのレンダリング。

木製シャンデリア_3D_02

カーブさせたアームに布シェードを合わせたフェミニンなデザイン。
部屋の壁が打放しコンクリートでなくて、白色だったらこちらのデザインが通ったかもしれません。
私は、こちらのデザインも気に入っていたんですが、不採用ということでかわいそうなことをしました。
他で採用してくれるといいのだけれど。
posted by 代表 at 17:19| My Design

2014年07月24日

千手シャンデリア

木製シャンデリア_01


先週、プロのカメラマンに撮影していただいた『千手シャンデリア』の写真が届きました。
このシャンデリアは、地元のお寺・了源寺さんの庫裏(くり)の改築に為にデザインした特注品。
玄関を入ってすぐにある7mの吹き抜け天井に設置されています。
この名は、モチーフにした千手観音からいただいています。
「千の手をもって、全てを助けてくださる」・・・そんな願いを込めて。


直径が約1.4mにもなる大型シャンデリアは全てが木製。
電球は全部で48灯。 調光可能なLEDのクリア電球を採用しました。


木製シャンデリア_02


流石はプロの撮影。
私のカメラとは出来が違いすぎます。

明るい環境で見た様子もなかなか。
後ろにある大きな窓から見える緑がキレイ。

木製シャンデリア_03

下から見上げた構図。
私はこの角度での見栄えが一番気に入っています。
下の長いアームが上のアームと被っている感じがいいのと、改築前の建物から移築した古い天井の梁とダークグレーの天井とのマッチングもいい。

実は、これをデザインする際に、この見上げでの見栄えを最も重視していたのです。
多灯にした電球もここからだと多くが見えるし。

自己満足だけど、かなり満足度は高めです。
posted by 代表 at 14:29| My Design