2022年10月02日

『ヨウム・ウル』の紹介、リニューアル版/夢見ヶ崎動物公園


ヨウム紹介_改訂版_001.jpg


昨年12月、『毛引き症』 により寒さに耐えられなくなったヨウムのウル♀。

震えていたので、暖房設備のあるバックヤードに移されました。

その時点で 『ヨウムの案内』 も外されたのですが、今年の8月初旬、また展示に戻ってきてくれました。

そこで namiemi、案内をリニューアルして描き起こしました。

今回のもので 『夢見ヶ崎動物公園 案内』は42作目となります。



ヨウム紹介_改訂版_002.jpg


案内は手前の柵に吊るしていただきました。



ヨウム紹介_改訂版_003.jpg


展示に戻ってから約2カ月が経過し、最初は少なめだったおしゃべりが多くなってきました。

そして、ここに来て新しいのを覚えたみたいで、レパートリーが増えています。



ウルは人の言葉は話さない子ですが、代わりに様々な鳴き声を発します。

どれも何かの真似をしていると思うのですが、出どころがよく分かりません。

「ホ〜 ホケキョ」 は、加瀬山にやってくるウグイスに教えてもらったのかな?



ヨウム紹介_改訂版_004.jpg


夢見ヶ崎動物公園のインコとオウムは、人に慣れていて、一緒に遊びたいと思っている子が多いようです。

近くに来た人をジッと観察し、興味を持つと、目の前まで寄ってきてくれます。

ウルは近くまで来ることはありませんが、「一緒に鳴こうよ」って感じで声を掛けてくるのです。

その時は、同じ 『鳴き声』 で返してあげてくださいね。



ウルの 『毛引き症』 は、まだ続いていて、クチバシで羽を抜いているのを頻繁に見かけます。

体の羽は展示に戻ってきた8月よりも少なくなっていて、ボサボサ〜

このままだと気温が低くなる冬には、またバックヤードに移ることになるかもしれません。

それも仕方のないことです。

季節によって場所を変えるのは、渡り鳥には普通のことだしね。

「渡り鳥なの? ウル」

※違います

posted by 代表 at 07:18| 動物・植物

2022年10月01日

『コバタン・ツバサ』の紹介/夢見ヶ崎動物公園


コバタン_ツバサ紹介_001.jpg


今年の8月初旬にバックヤードから展示に戻ってきたコバタンのツバサ。

その案内を描きました。

namiemiが描く『夢見ヶ崎動物公園 案内』は、今回のもので41作目です。



コバタン_ツバサ紹介_002.jpg


案内は手前の柵に吊るしていて、今回初めて、強風で 『鉄棒の大車輪』 みたくならないように、透明テープで固定していただいています。



それでは、『ツバサ♂』 を紹介しましょう。 


コバタン_ツバサ紹介_003.jpg


ここ夢見ヶ崎動物公園には1997年に来たそうなので、もう25年が経過しています。

今、いくつなんだろう?

隣の部屋に居る 『タタラ♂』 や 『ヒメ♀』 と比べると、クチバシも体も大きくて、色味が強いです。

普段は目を閉じてリラックスしていたりするのですが、突然、目の前の柵に飛び移ってくるので、驚かされます。

何をするにも機敏に動く子みたいです。


コバタン_ツバサ紹介_004.jpg


人懐っこくて、好奇心旺盛。



コバタン_ツバサ紹介_005.jpg


こちらが 「ジッと」 観察されてしまいます。



コバタン_ツバサ紹介_006.jpg


かまってもらうのも好きみたいで、私が高音で口笛を吹くと、冠羽(かんう)を持ち上げて興奮してしまいます。



コバタン_ツバサ紹介_007.jpg


更に気分が高まってくると、羽を広げて、頭を振り始めます。

正にハードロックのライブでするヘッドバンキングです。

「ピイイイイ〜〜」 と歌ったりもします。笑



まぁ、いつもこんなではないんですが、たま〜に調子にのってしまうみたいです。

とてもユニークで愛らしい子なのです。


※奥の方で眠そうにしている時は、そっとしておいてくださいね。

posted by 代表 at 09:57| 動物・植物

2022年09月29日

愛媛のシャインマスカット_2022


9月も残りあと2日。

また、愛媛の姉上から秋の果物が届きました。


shine_muscat_2022.9_01.jpg


シャインマスカットだ!



shine_muscat_2022.9_02.jpg


立派なのが4房も。

とりあえずは冷蔵庫に入れて冷やしましょう。

ハサミで一粒ずつカットしておくといいみたい。



shine_muscat_2022.9_03.jpg


キレイな黄緑色。

このぶどうは、皮ごと食べられちゃうのがいいね。


みずみずしくて、爽やかな甘さだ。

あー−ー 幸せ。


ありがとうございました〜

posted by 代表 at 10:17| 食べ物・飲み物

2022年09月25日

秋のランチカラオケ


また、平日に近所のカラオケボックスへ行ってきた。

ランチと2時間分のカラオケがセットになっている “ランチカラオケ”

セットに含まれるドリンクは、生ビールに変更。

真昼間とはいえ、盛り上がらないとね。


lunch_karaoke_2022.9_01.jpg


カラオケの機械がまた新しいのになっていた。
“LIVE DAM STADIUM” だと。

デュアルモニターに対応してるみたいだけど、モニターは(今まで通り)1台のままだからなー。
でも、音は良くなったような… 気はした。



今回注文した料理、
私はスパゲティ・ナポリタン。

lunch_karaoke_2022.9_02.jpg


namiemiは (いつもの) ハンバーグ。

lunch_karaoke_2022.9_03.jpg


今回は、チキンナゲットをサービスでいただく。

たったの2時間だけど、しっかり楽しんできました。

また、行こうっと〜

posted by 代表 at 12:25| 日記

2022年09月24日

照明の内覧会へ/林物産&ビートソニック


海外照明器具の日本総代理店をされている林物産さんと、LED電球メーカーのビートソニックさんの合同内覧会に行ってきた。

会場は、南青山の 『LIGHT BOX STUDIO AOYAMA』  


hayashi_01.jpg


ここに来るのは、スタジオノイさんが主催した、チェコの照明器具メーカー・BOMMA(ボマ)の展示会以来。

骨董通りをすぐ脇に入ったところにあるんだけど、中々雰囲気のある建物でしょ。




hayashi_02.jpg


受付を済ませて中に進むと、カラフルなテーブルスタンドが目に入る。

ヴァーナー・パントンさんが1968年にデザインした 『フラワーポット』 のテーブルスタンドだ。



hayashi_03.jpg


あれ? 小さくなってる。

そう、バッテリーが内蔵されたポータブルの仕様が新たに発売されたのだった。
シェード頂上にある金具が、スイッチ兼タッチ調光になっていて、そこに触れて遊ぶ。


その右上にあるのがオリジナルのペンダントタイプ。


実は、このフラワーポット、元々はルイスポールセンが製造販売していたのだそう。
私が勤め始めた1995年にはカタログ掲載は無かった。

理由を聞くと、「温度が入らない」とのこと。
照明器具には、法的に 『温度基準』 があって、決められた基準内に収まっていないと商品化できないのだ。
考えられるのは、ソケットの口金部分か、シェードの外殻温度が基準値以上だったということか。


この器具は、ランプを上下2つのシェードで挟んでいるので、光はそこから漏れたものしか出てこない。
そうなると、最低でも60Wは入れたいところだけど、それは無理だったのだろう。

電球が(ほぼ)LEDに置き換わった今では、温度の問題は解消された。

でも、使うにはちょっと暗いような…。



hayashi_04.jpg


MELT CHANDELIER の大きいものが展示されていた。

グローブはポリカ製。

すごい迫力だ!




only one_01.jpg


2階は、ビートソニックさんのLED電球が展示されていた。

こちらの電球は、見た目は白熱電球と同じ。
フロストのタイプは、輝度が抑えられていて目に優しい。
(その分、暗いけど) 

最近、こちらのランプを使う機会が増えてきた。

ひと通り説明をしてもらい、電球とカタログをお土産でいただいて、会場を後に。


そして、地元の元住吉駅に戻り、串カツを食べながらの反省会をしてから帰宅。

この日は、青山と渋谷を結構歩いたので少々疲れてはいたけれど、酔いを醒ましながら、店から(30分かけて)ウォーキング。 

ま、健康的だな。

posted by 代表 at 10:18| 展覧会・展示会